◆常瀧時の宗旨と本尊・縁起

◆宗旨・・・高野山真言宗  ◆本尊・・・大日如来〔常瀧寺本尊と曼荼羅
◆開基・・・法道仙人が養老年間〔717〜724〕に開創された寺で、七堂伽藍を有する寺であったと伝わる。
◆縁起・・・明智光秀の丹波攻めにて悉く焼失するまでは、現在の裏山の中腹にあった。
      元々の本尊は不動明王で山岳修験の寺として栄えていた。健在の本尊は大日如来で、中興の
      祖である光覚法印が紀州家殿様の側室の病気平癒に功績があったとして側室の念持仏を下賜
      されたもので、江戸時代初期の優美なお姿である。

◆ぼけ封じ観音と常瀧寺の大公孫樹〔大イチョウ〕

当山は「ぼけ封じ観音」の
お寺としても有名です。

◆ぼけ封じ近畿十楽観音霊 場10番札所

◆近畿楽寿観音三十三ヶ霊 場14番札所
兵庫県天然記念物

法道仙人お手植え
推定樹齢1300年
幹周り11メートル

別名「乳の木さん」
■ぼけ封じ観音 ■常瀧寺の大イチョウ ◆大イチョウの四季

◆うなずき地蔵と弁財天とお写経奉納塔

お願いをして手を合わせ、お賽銭を入れるとうなずいてれるのでこの名前がついています。当山一番人気の仏様
■弁財天
当山は、
「宝の道」丹波七福神霊場
第9番弁財天札所です。
■お写経奉納塔
◆お写経を奉納しています。
詳しくはココから

◆わらべ地蔵と水子霊園

  • ◆わらべ地蔵 ◆水子霊園〔水子供養はココから〕
     
  • ◇2000年にホームページを出して四代目となります。二年に一度の周期で全面更新して参りました。
  •         ★三代目ホームページ

このページトップへ