常瀧寺の大公孫樹

常瀧寺の大公孫樹
     
 

・法道仙人お手植え
・推定樹齢 1300年
・幹廻り   11m
・兵庫県天然記念物指定
常瀧寺裏山を約二十分ほど登った元の寺跡にあります。

推定樹齢は法道仙人お手植えと云わっていますので、
そこからのおよその推定です。
銀杏は弘法大師が唐から持ち帰ったものとも云われています。
いずれにしても何百年も行き続けている巨木であり神木です。

大きな枝の下には石造のお大師様が祀られ、不思議な霊気
を助長しています。


いちょうは生きる化石ともいわれ、生命力の強い植物です。
苗木を植えると、孫の代に実をつけるので公孫樹と書きます。


いちょうの花言葉は長寿です。


Copyright (C)2001- 2006 Jyoryuzi (Temple).All Rights Reserved