ひみつまんだらじゅうじゅうしんろん
弘法大師〔空海〕著作  秘密曼荼羅十住心論
いしょうていようじゅうしん
 異生羝羊住心
禽獣の如き心の段階をいい、欲望のあることを知って、
その欲望の意味も調整する方法も知らない。
人間以前、倫理道徳以前の状態。

第一住心
本能的
ぐどうじさいじゅうしん
 愚童持斎住心
愚かな少年の心も、導くものあれば自らを慎み、他に施す
心が起きる。
倫理に目覚めた段階の心の状態。

第二住心
倫理性
ようどうむいじゅうしん
 嬰童無畏住心
仏教以外の宗教でもこの世の限界を知るとき、それを
超えて死後の安楽を願うものである。
この段階の宗教心は、ちょうど幼児が母のふところにいる
間は世間の苦しみを知らず安らかな状態。

第三住心
宗教心
ゆいうんむがじゅうしん
 唯蘊無我住心
事物の本質は存在せず、人も万物も仮の存在を保つという
宗教的認識の第一段階の心。

第四住心
無我心
ばつごういんしゅじゅうしん
 抜業因種住心
業因の種を抜く住心という意味で、よく事物の生起、関連の
法則を知り、迷いの元、業の原因、種子を抜く境地。

第五住心
自利的
たえんだいじょうじゅうしん
 他縁大乗住心
すべての衆生を救うこと〔他縁〕を目的とする
大乗仏教の最初の段階。

第六住心
利他的
かくしんふしょうじゅうしん
 覚心不生住心
心は何ものによっても生じたのではない。すべての相対的
判断を否定し、心の原点に立ち返って空寂の自由の境地
〔中道〕に入ることを目指す。法相宗の心を示す。

第七住心
空の境地
いちどうむいじゅうしん
 
一通無為住心
万物は真実そのものであり、本来清浄なものである。
この境地に入るとき、従来の教えは一道に帰するはず
である。法華、天台の境地。

第八住心
生命観
ごくむじしょうじゅうしん
 極無自性住心
世界には一つとして固定的本性はなく、すべてがその
まま真実そのものであるとみる境地。
華厳宗の心の段階。

第九住心
価値観
ひみつしょうごんしん  
 秘密荘厳住心
ここに至って万物は真実のあらわれとして、大きな歓び
をもって万人の知、情、意に受けとめられる。
真言秘密の境地。
言語、分別を超えた境地である故に「秘密」と云う。

第十住心
絶対観
※「空海辞典」〔金岡秀友編〕より

第三住心までは私達人間が到達できる範囲です。第四、五住心は小乗仏教で自らの解脱を追求します。
第六住心以上は大乗仏教であり、六、七住心は自他の区別なくより深い救済のレベルを目指します。

第八、九住心は顕経〔仏教〕の最高レベルです。そして最後の終点として第十住心があり、
心は大日如来と一つになり真理に到達するのです。〔真言密教の到達点〕


Copyright (C)2001- 2006 Jyoryuzi (Temple).All Rights Reserved