◆なぜ、35日で満中陰の法事をするの?

よく「四十九日が三カ月に渡ると駄目と言われたので三十五日で 繰り上げさせてもらいます。」と言われる
方がおられます。 しかしながら誰に聞いてもその理由がはっきりしません。 近所の人に聞いたとか、親戚に
言われたとか漠然としています。

結論から云うと、故人の魂の浄化の為にはきちっと繰り上げずに 供養してあげることが大切です。
この四十九日の期間は故人にとって、浄土へ旅立つ準備をする 大切な期間であり、供養する遺族にとっても
二度とこない大切 な期間です。ですからしっかりと供養しなければなりません。

七という数字は物事が成就する数であり、その乗数が四十九日 です。
初七日に始まり、満中陰忌まで七回供養してあげること によって、故人の霊魂が浄化していくのです。
また、初七日の 不動明王から満中陰の薬師如来まで七人の仏様が故人の魂を サポートして下さるのです。

一説によると、三ヶ月に四十九日が渡ると、始終、苦が身につく という単なる言葉の語呂合わせからきている
と言われます。 また、大阪商人が月末の忙しい集金日を三ヶ月もとられるのは かなわないから、三十五日に
切り上げるようになったという説 もあります。

いずれにしても、誰か一人でも気にする人がいるようでしたら 切り上げて法事をしてもかまいませんが、
身内だけでも 四十九日まで供養される方がよいと思います。


  •